【基礎知識】3つの工事費が必要な建墓の費用

「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 墓石に一番必要なこととしましては、やはり長い年月使用をするワケですから耐久性となります。
良い墓石の定義は「硬度が高い」「水を吸いにくい」「石そのものに傷やムラがなくキメが細かい」ことでありしっかりとチェックをしておきましょう。墓石の本体と外柵、そして工事費の3つが必要となる建墓の費用とされています。
墓石の値段は石の大きさと、その種類によって数十万円から1000万円以上と言われていますが、価格が品質を反映しているというワケではないのです。

 

石の種類によりまして墓石に使用することとなる部分が取れる量に差が生じ、その量により価値が決まってきます。
このことから、墓石の品質だけを考えるのではなく、石の種類にも気を付けるようにしましょう。



【基礎知識】3つの工事費が必要な建墓の費用ブログ:20-5-16

旦那の健康を考えるなら、
家内はしっかりと
旦那のお昼食代を確保しておくことが大切だと思う。

お昼食代が少なければ、
どうしてもジャンクフードに手を出さなければならず、
そうなれば確実に肥満に成って行くし、
後日、深刻な病気になり、病院に入院してしまうようになる…
その方が家計には大打撃なのである。

家内としては
苦しい家計の中から高額なお昼食代を捻出するのは大変だが、
かといってこの出費をけちれば、
一家の稼ぎ手が駄目になってしまう…

お昼食代は冷静に考えれば僅かな金額なのだが、
このお昼食代が深刻な問題になるのは、
子どもが1人か2人いる状態の時である。

この時期は家計が最も苦しくなる時期なので、
どうしても家内はお昼食代をけちろうとしてしまうのである。

そうなると旦那は勤労意欲を失ってしまい、
なかなか出世していってくれなくなり、
逆に家計が苦しいままになってしまうのだ。

家計が苦しいからこそ、
家内は弁当を作ってお昼食代を節約しようとするのだが、
愛妻弁当のために出世の機会を失うこともあるので、
気をつけなければならない。

サラリーマンなら上司や同僚たちと
外食に行くことでお昼食を食べながら情報交換を行い、
それによって出世の糸口を掴んでいくことも少なくない。

大事なことは
「お金よりも情報」ということなのだが、
お金を掴んだだけでは成功することはなく、
お金だけでなく情報を掴んだからこそ成功するのである。

家内が旦那に弁当を作ることが
必ずしも正しい愛情表現ではないのだ。

家内が旦那に弁当を作らず、
きちんとお昼食代を渡しすことも、
ちゃんとした愛情表現であるのだ。