【基礎知識】3つの工事費が必要な建墓の費用

「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 墓石に一番必要なこととしましては、やはり長い年月使用をするワケですから耐久性となります。
良い墓石の定義は「硬度が高い」「水を吸いにくい」「石そのものに傷やムラがなくキメが細かい」ことでありしっかりとチェックをしておきましょう。墓石の本体と外柵、そして工事費の3つが必要となる建墓の費用とされています。
墓石の値段は石の大きさと、その種類によって数十万円から1000万円以上と言われていますが、価格が品質を反映しているというワケではないのです。

 

石の種類によりまして墓石に使用することとなる部分が取れる量に差が生じ、その量により価値が決まってきます。
このことから、墓石の品質だけを考えるのではなく、石の種類にも気を付けるようにしましょう。



【基礎知識】3つの工事費が必要な建墓の費用ブログ:21-1-09

おっはー

皆様は聞いたことがありませんか?
「トレーニングするのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとする減量に対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量はトレーニングを休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
こと減量の話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後のトレーニングとは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉はトレーニングをやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するためにラジオ体操やラジオ体操といった
トレーニングを続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的にトレーニングする時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行ってトレーニングをするスタイルでは、
その次にトレーニングを行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
減量は上手くいかないと思います。

ニンニン