【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット

【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット


【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット
決して安い買い物では無い霊園ですが、お金の問題だけではなく長い付き合いになりますので慎重さが必要です。
条件の悪い管理状況や、オプションが納得いかないようでしたら立地条件が良くても選ぶべきではありません。 最近では、石のお墓だけに限ったことではなく、納骨堂も増えてきている傾向にあります。
これまでは遺骨を墓地に埋葬するまでの一時的な保管場所となっていましたが、現在ではお墓としての機能も果たしているのです。多くの場合にお寺の境内に設置されており、その寺院が管理をしている墓地のことを言います。
寺院墓地のお墓をの場合にはお寺の檀家になることが前提となるケースが多いので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方などを確認しておきましょう。

寺院の住職の人柄につきましても、長くお付き合いすることが出来るのかを考える必要があります。
メリットとしましてはお墓が境内に設置してあることから、法要を本堂で営むことが出来るということです。




【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリットブログ:21-1-24

子どもの脳の成長にとって、
両親馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは両親馬鹿を通り越して、
「馬鹿な両親」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
友達に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状に子どもの写真をデカデカと載せ、
夫の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

嫁に年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年一年間お世話になったお礼と、
今年一年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
夫はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに両親馬鹿になっても構わないが、
我が子どもの成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我が子どもの成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも両親馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えば子どもと電車に乗った時、
子どもを椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
子どもと一緒になって景色を楽しむのではなく、
子どもの靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

両親馬鹿になっても、
両親として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。

【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット

【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット

★メニュー

【基礎知識】国産の石は品質が良く美しい
【基礎知識】永代使用料の概要とその価格差
【基礎知識】交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
【基礎知識】年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
【基礎知識】霊園にはオプションも用意されている
【基礎知識】オリジナルのお墓も増えてきました
【基礎知識】3つの工事費が必要な建墓の費用
【基礎知識】墓石には文字彫り費用が発生します
【基礎知識】寺院が管理をしている霊園のメリット
【基礎知識】霊園の使用規定は必ず厳守


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)環境に設備に失敗しない霊園探し