【基礎知識】霊園にはオプションも用意されている

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 一般的な墓地や霊園におけるお墓の総合的な費用は、200〜300万円は必要となってきます。
決して安い買い物ではありませんので、霊園選びとお墓そのものを選ぶ時には十分に検討をするようにしましょう。お墓には、墓石以外に花立てや花筒、香炉、線香皿、水鉢、塔婆立てなどといったものが必要となります。
そしてこの他にも必要に応じ墓誌や灯籠、さらにはつくばいなどに費用がかか、素材によって価格が異なっています。

 

お墓を建てることに必要となる様々なものに9ついての相場価格を把握しておきましょう。
例としまして花立てと花筒で約10,000〜40,000円、そして香炉と線香皿には約15,000〜30,000円となっています。



【基礎知識】霊園にはオプションも用意されているブログ:20-9-17

ダイエットに成功したら、
やっぱり体質のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、あたくしはダイエット中、
体質のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「太もも」「ふくらはぎ」の5ヶ所。

できれば、ダイエット中は
1週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

ダイエット中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
ダイエットはうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分がダイエットに成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目にはダイエットがうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないようなダイエットだったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
腹周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

読者様!ダイエットを成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!