【基礎知識】霊園にはオプションも用意されている

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 一般的な墓地や霊園におけるお墓の総合的な費用は、200〜300万円は必要となってきます。
決して安い買い物ではありませんので、霊園選びとお墓そのものを選ぶ時には十分に検討をするようにしましょう。お墓には、墓石以外に花立てや花筒、香炉、線香皿、水鉢、塔婆立てなどといったものが必要となります。
そしてこの他にも必要に応じ墓誌や灯籠、さらにはつくばいなどに費用がかか、素材によって価格が異なっています。

 

お墓を建てることに必要となる様々なものに9ついての相場価格を把握しておきましょう。
例としまして花立てと花筒で約10,000〜40,000円、そして香炉と線香皿には約15,000〜30,000円となっています。



【基礎知識】霊園にはオプションも用意されているブログ:20-7-21

食べ始めると、余計に食欲が刺激されて、
もっと食べたくなってしまうと言う事がありますよね。

特におやつなんか、
1粒食べ始めると止まらなくなって、
ついには1袋全部食べてしまったりして…

これって、ダイエットしていると
「あー、食べてしまった!」
と思ってしまい、
「こんなにこらえ性のないおいらには、
 ダイエットなんかできないんだ!」
と思いこんで、
ダイエットに挫折する要因になったりもしているわけですが、
実は誰にでもあることですよね?

みなさんはどうですか?

でも、
これは人間の「生きる」本能に直結した行動なんです。

太古の人間は、獲物がいつ獲れるか分かりません。

せっかく獲れた獲物は余すところなく食べて、
体質に貯蔵しておかないと、
次にいつこういう食事にありつけるか分からないので、
それまでは体質に蓄えた栄養で生き延びるように、
体質が作られているのです。

だから、
「ちょっとだけ食べてやめる」
と言うのは、
「全く食べない」よりも難しいのです。

「一口だけ」と言うのは余計につらい思いをすることになるので、
そこはグッとこらえる方がラクです。

…ただし行きすぎはいけません。
極端な絶食は健康を損ね、リバウンドしやすい体質を作るだけなので、
「ほどほど」にしましょう。

体質は食事量の目安として、
午前に1回(お昼食の前)、
午後に2回(おやつと夕方食の前)に
軽く空腹感を感じるくらいで調節しています。

それくらいが健康も損ねず、
リバウンドもしないポイントでちょうどよさそうです。

それにご飯の前に、ウエストをすかせておけば、
ご飯が美味しく食べられますもんね!