【基礎知識】交通の便と宗教などが霊園選びのポイント

霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。 宗教や宗派不問かどうか、または仏教・神道・キリスト教などといった、各宗派限定している霊園もあります。
宗派が限定されている場合には、その霊園にお墓を建てることが出来ませんのでご注意ください。霊園墓地のアクセス便はどうであるか、またはお彼岸やお盆などに交通の混雑状態はどうであるかを確認しましょう。
霊園では周辺の地形や日当り、山の斜面、大きい木の下、海の縁であればしぶきがかかるかどうかのチェックも必要です。

 

墓石というのは木のアクや枯れてしまった葉っぱ、塩や潮風に弱いので立地条件をよく調べてください。
そして環境におきましては、花の咲く季節にお散歩が出来る素晴らしい景観の場所が望ましいでしょう。



【基礎知識】交通の便と宗教などが霊園選びのポイントブログ:20-11-18

あたくしは、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

両親は、あたくしの顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
クチから出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、身体の健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
両親は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、毎日両親が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかったあたくしは、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

両親の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の両親がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前にお父さんが亡くなった時も、
両親はママに
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
ママは、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

両親の笑顔は、あたくしを元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。